ECOS「エコス」は何ですか

ECOS —

「エコス」は食品業界で品質管理のテストと実装のための分散ソフトウェアを開発するプロジェクトです。アルコール飲料を含む飲料および食品産業全体を網羅しています。このシステムは、偽造品の違法売買と市場への流入、または改ざんされた人間の健康のために危険な製品に対抗するように作成されています。システムは盗難、代替、変更、および記録された情報のクラッキングに耐性がある分散データベースを備えたパブリックブロックチェーンに基づいています。

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」

中国のことわざ、老子が言ったとされる中国語の諺

ECOS「エコス」プロジェクトは、世界の食品・飲料業界でどのような問題を解決しますか

主な任務

ECOS「エコス」プロジェクトの主な目的とは、低品質で危険な製品、偽造品および違法な製品の販売、または世界の食品・飲料業界におけるその製品の導入と流通という世界的な問題に対処することです。特にアルコール飲料の場合、最近は改ざんの影響を非常に受けやすいですから。

セカンダリタスク

人類は低品質で危険な飲食品を常に重大な問題として捉えられてきました。現在まで、延滞や偽造食品は、様々な食中毒や病気の原因となっております。特に乳児および幼児、高齢者および慢性疾患の患者に影響を与えます。 アルコール飲料を含む 飲料および食品安全性は世界上で最も深刻な問題の1つです。その問題は国家の健康だけに関係することでなく、グローバル経済全体にも影響を与えています。 食品や飲料の品質は、人の生活レベルや社会活動に影響を与え、人口統計学的側面(出生率と人口増加)にも影響します。したがって、持続した高い生活レベルを確保するためには、各国が食品の安全性に大きい注意を払う必要があります。

ECOSプロジェクトは、世界社会にとってどのようなメリットをもたらしますか。

このシステムの主な利点は、明確で信頼できるパブリックなブロックチェーンに基づいて、作成されたECOSソフトウェアが危険で、改ざんされた、偽造品から世界中の私たちのような数十億の買い手を保護することを許可しています。 開発されたアプリケーションの助けを借りて、普通の買い手はスマートフォンやタブレットを使用して、簡単かつ迅速に24/7にワンクリックで選択した製品が健康と安全の基準に準拠されているかどうかを確認できます。

毎時世界中の数十億人の買い手は仲介者なしに自分自身で選択された製品のすべての基準を迅速で簡単に追跡してチェックすることができます。生鮮な食品、半製品、調理済み食品、清涼飲料またはアルコール飲料であってもよいです。 このソフトウェアは、すべての言語でスマートフォンやタブレット用のアプリケーションとして利用できます。例えば、店舗では買い手が(ブロックチェーンに基づいた特別なQRコード付き)関心のある製品を選択し、製品に自分のスマートフォンを添付し、製品のQRコードを読めます。次はプログラムがその製品の特性のあるパブリックブロックチェーンストレージを表示されます。その後、買い手は推奨された2つのテーブルのいずれかを選択できます:

オプション1

は短いものであり、製品に関する情報をパーセンテージで提供します。(安全性、自然性、有用性、品質を示してます。)

オプション2

は拡張であり、選択した製品に関する食糧指標付き詳細な情報の形であります。(製品の完全なライフサイクルに関する情報、GMO(遺伝子組み換え食品)の存在、除草剤、殺虫剤、人工肥料、農薬の含有量、積極的な人工防腐剤、染料などの存在)

ECOSプロジェクトの価値、尊厳と利点。

  • 開発されるECOSモバイルアプリケーションのおかげで、以下の製品は巨大な数十億の世界食品・飲料市場から永遠に消えてしまいますます。それはすべての可能な偽物、改ざん、偽造品、またはその他の生命を脅かす食品や飲料(アルコール飲料を含む )。 不公平な生産企業はブロックチェーン(ハイテクで明確なパブリック情報プラットフォーム)上に、私たちのような尊敬できる人のために、非公開で不法にデータを改ざん、および偽造品、低品質で危険な製品を販売することはできません。

  • 食品・飲料販売の分野でECOSプロジェクトの実施の結果としては官僚主義と事務処理負担が消えてしまいます。特に生産企業から多くの時間がかかる多くの法的手続き。生産される製品のために統合された規則、規範と品質基準が発生します。 状態制御サービスでは人件費が数倍に減少し、全プロセスは明確なパブリックブロックチェーンレジストリを使用して明確に構造化され、最適化され、詳細化されます。同時に、正直な企業および様々な高品質と健康製品の生産企業には自分の製品の認証または販売市場への放出のため、すべての必要な品質管理手順を実行することがはるかに簡単かつ迅速になります。つまり、最後には私たちのような消費者に到達するようにします。

  • パブリックブロックチェーン上の分散型ECOSプラットフォームを通じて、食品・飲料業界では賄賂を与える者が一人もいない。不正直な腐敗した状態制御体と認証センターを賄賂することが不可能となります。時にはその機関は危険な偽造品の秘密生産企業とともに金銭的シェアを有して行動することもあります。 違法生産者と偽造商人は、低品質で危険な飲食品を売りながら、もはや私たちの費用で自分を豊かにすることはできません。

  • 世界中の数十億の買い手は低品質で偽造の製品に巨額の払い過ぎを止めるとなります。

  • ECOS技術の大量使用の始まりおよび市場から偽造品の迅速な撤退のおかげで、生産企業と購入者の側で信頼できる急成長するビジネスコミュニティは形成を開始します。それでは、改ざんのために所在は無くなります。すべての売却品は100%に変わらない品質で保証されます。 強くて肯定的で善良なコミュニティの発展に伴い、提供される良質品の価格は下がり、安定となります。

  • ECOS技術を使用して、高品質で健康的でビタミンやミネラルが豊富な食品を消費すると、人々はあまり病気にならなくなります。自分自身と愛する人たちに中毒の可能性のある危険をさらすことを止めますから。その中毒に関連した低品質の製品の偶発的な消費のせいでの合併症。または、例えば、最近非常に重要である秘密のアルコール飲料。

  • ECOSソフトウェアは、地球上のすべての人類にとって本当の助けとなります。特に適切な栄養、または健康的なライフスタイルと長寿のために努力する人々。開発されたエコシステムは、自分自身と愛する人の健康を心配している人に助けとなります。 近い将来に、このシステムはグローバル化すればするほど、世界人間の健康は大幅に改善され、平均余命と肥沃度が増加します。それで、医薬品に対する政府支出が削減されるとなります。 各国は、ある資金を人々の利益のため、その他の同様に重要な経済の分野にリダイレクトすることができます。

  • 世界規模でESOSソフトウェアの実装と実用化はそんなに巨大で非常に重要な食品・飲料業界を明確で正直で信頼できる産業にします。それは生産業と販売のために単一の基礎を形成となります。

なぜECOSは世界社会の信頼およびお客様の注意に値できる有望で成功したプロジェクトですか?

当社は長い間ビジネスを成功させてきました。2017年にはGRAND HOLDING社が正式に開かれ、登録されました。これはECOSプロジェクトの権利の所有者であり、ECOSプロジェクトの実施のために特別に作成されたものです。企業は欧州連合(EU)の領土にあるエストニアのユフヴィ市(Jõhvi)に登録されています。当社の登録コード:14310425、本社所在地:エストニア、Ida-Viru County、Jõhvi parish, Jõhvi、Central Town Hall square 7。 当社はエストニアの状態制御当局によって監査の対象となり、税金を払います。明確な意向、期限、設定した目標のある野心的なプロジェクトの実施のプロセスのとき、お客様にある関心の尊重に対して安全で信頼できる保証があります。

明確なパブリックブロックチェーンに基づいたユニークなハイテクソフトウェアを適用して世界で最初になるよう努めています。アルコール飲料を含む 飲料および食品産業における安全および品質保護のために使用されます。我々の助けを借りて、近い将来には秘密の製品、偽造品、低品質で危険な製品が店舗の棚から消えてしまいます。買い手には製品の100%品質が保証されます。あらゆる種類の偽造品から安定して保護されます。

ECOSプロジェクトには競合他社がなく、期待もしていません。当社は開発されたシステムの特許を取得した最初の企業ですから。そのシステムとは、食品・飲料の世界業界でのパブリックブロックチェーン上に、生産された製品の安全性を確保、または品質管理技術の開発と実施をするためのシステムです。

ECOSの開発の作成のため、認定したプロフェッショナルチームは一生懸命働いています。当社のブランドを認識されるほど、ビジネスの様々な分野に有能な専門家を見つけて、全世界で積極的に展開しております。このすべては計画されたものを実現し、プロジェクトにグローバルな規模を与えるため。それ以上、初期価格でECOSトークンを購入するユニークな機会を利用できた人のために、ICO中に解放されたトークンの高成長および最速の投資回収を確実できるようにします。

当社のプロジェクトには、大型投資企業、世界の栄養機関、および食品業界における違法製品に対抗するための国家組織が積極的な関心を示しております。ビジネス上の投資家の側からそのような高い関心はわかりやすい。国家機関の関心と需要は、不良品や違法な飲食品、特にアルコール飲料から市民を保護する憲法義務および欲望によって調整されています。そして、数十億の腐敗したスキームの悪質な影響を根絶する、または大幅に減らすという願望。または、世界各国での国営省庁・機関では詐欺、様々な種類の贈収賄と縁故主義。

当社のECOSプロジェクトは短期間に様々なビジネス投資家から製品のさらの開発およびベータ版のテストのため、すでに世界中で約3百万ドル(3000000米ドル)の投資を誘致しました。

開発されるソフトウェアとECOSトークンの特性

ECOSトークンはパブリックブロックチェーンに基づいた有用なトークンです。開発されるESOSアプリケーションの「スマートな契約」をサポートします。そのスマートな契約はプロジェクト自体とそのサービス内の内部循環を目指します。このトークンはスマートな契約を維持することを含むこのプロジェクトの内部ネットワークサービスでいわゆる「燃料」として使用されます。

流動のトークンはECOSアプリケーションの使用、およびAPIキーの生成を利用可能にします。または、このシステムの拡張機能、および分散したパブリック・ファイル・ストレージ・ネットワーク内のアプリケーションの作成および構成用の追加オプションにも追加アクセスを提供しています。

ECOSトークンを使用すると、分散システムと暗号化によって数千台のコンピュータのハードドライブにデータを安全に保存することができます。”

有用なECOSトークンは当社のスタートアップに将来の顧客の購入を融資するために発行されました。このトークンは有価証券および投資トークンの機能を実行しません。トークンの目的は利益を上げるよりも、主に購入プロセスを容易するのです。 プロトコルコードは公的に利用可能であり、どの人でも確認することができるという事実を考慮すると、それは誰かを信頼する必要のないシステムとなります。 上記のすべてに加えて、ECOSソフトウェアには次の機能があります。対称および非対称の暗号化アルゴリズムに従って暗号化と復号化、暗号キーの生成、デジタル署名の作成および検証、データのハッシングの実行、アカウントの管理、データベース認証、または数百のコアおよびクラスタ上の非同期通信の提供。利点はキーロスの場合にアカウントを復元するというシステムの能力などです。

有用なECOSトークンは電子トークン(eToken)の契約の基くに発行された。”

ICO中に発行されたECOSトークンの数は厳密に制限されています:7億7000万ECOSトークン(しちおくななせんまんのECOSトークン)は100%です。今後はECOSが追加のトークンを生成しません。もし売れ残りトークンは残骸したら、そのトークンが破壊されます。

eTokenとは、Solidityのプログラム言語で書かれているEthereumの「スマートな契約」です。います。EthereumのERC20標準に対応します。Ethereumネットワークでトークンを解放することができ、幅広い機能を提供しています。 ERC20標準との互換性は保証し、ウォレット、暗号通貨の証券取引所、およびスマートな契約はの適切に互いに対話することを可能にします。

プロジェクト実施のスケジュール

map

2017年2月

2017年2月 - アイデアの出現:


2月初め、長年にわたり食品産業における品質管理の分野で働いた当社のビジネスパートナーは当社の本社に来きました。当社のブロックチェーン開発者との共同の対話の時、そんなに素晴らしいアイデアが生まれました。それはブロックチェーン技術を使用して、数十億の飲料品(特にアルコール飲料)と食品業界では模倣品と効果的に戦う方法。

2017年2月 - アイデアの出現:


2月初め、長年にわたり食品産業における品質管理の分野で働いた当社のビジネスパートナーは当社の本社に来きました。当社のブロックチェーン開発者との共同の対話の時、そんなに素晴らしいアイデアが生まれました。それはブロックチェーン技術を使用して、数十億の飲料品(特にアルコール飲料)と食品業界では模倣品と効果的に戦う方法。

2017年3月

2017年3~4月:


市場の評価、このアイデアを紙に提示、ユニークな革新的なブロックチェーンシステムとのアイデアの統合、次にパブリックブロックチェーンのスキームの通りにプロジェクトの統合改訂が行われました。

2017年3~4月:


市場の評価、このアイデアを紙に提示、ユニークな革新的なブロックチェーンシステムとのアイデアの統合、次にパブリックブロックチェーンのスキームの通りにプロジェクトの統合改訂が行われました。

2017年5月

2017年5~8月:


チームの編成、パートナーの選択、見通しの評価、開発されるシステムの全価格の評価、デモ版の初期開発(大衆間の試練テストのためにある、パブリックブロックチェーン上の食品や飲料の品質をチェックするソフトウェア)

2017年5~8月:


チームの編成、パートナーの選択、見通しの評価、開発されるシステムの全価格の評価、デモ版の初期開発(大衆間の試練テストのためにある、パブリックブロックチェーン上の食品や飲料の品質をチェックするソフトウェア)

2017年9月

2017年9~11月:


一般的に肯定的な経験、またはECOS製品というデモ版のアルファテストではテストされたユーザーから最初の正帰還を得ました。そのテストは携帯端末やタブレット上に販売された製品の品質をチェックするために実施されました。または、可能性のある類似プロジェクトと可能な競合他社に関する追加評価が行われました(市場には似た価値ある類似プロジェクトと競合企業の存在が見つかりませんでした)。

2017年9~11月:


一般的に肯定的な経験、またはECOS製品というデモ版のアルファテストではテストされたユーザーから最初の正帰還を得ました。そのテストは携帯端末やタブレット上に販売された製品の品質をチェックするために実施されました。または、可能性のある類似プロジェクトと可能な競合他社に関する追加評価が行われました(市場には似た価値ある類似プロジェクトと競合企業の存在が見つかりませんでした)。

2017年12月

2017年12~2018年1月:


データの収集と処理のための貯蔵施設の完成、投資家のウェブサイトと個人アカウントの構造化、このプロジェクトのための法的専門知識を渡すこと、今後のpre-ICOとICOのための詳細な準備。

2017年12~2018年1月:


データの収集と処理のための貯蔵施設の完成、投資家のウェブサイトと個人アカウントの構造化、このプロジェクトのための法的専門知識を渡すこと、今後のpre-ICOとICOのための詳細な準備。

2018年2月

2018年2月中旬:


pre-ICOの実行

2018年2月中旬:


pre-ICOの実行

2018年3月

2018年3~4月:


ICOのためのマーケティングキャンペーンの準備

2018年3~4月:


ICOのためのマーケティングキャンペーンの準備

2018年5月

2018年5月中旬:


ICOの実行

2018年5月中旬:


ICOの実行

2018年6月

2018年6~7月:


ECOSソフトウェアの開発のためのフル機能を備え、計画された国際入札のため、技術文書の作成。(国際入札に入ることは、予定期間の間に最高の製品の受領によって実行されます。それは注文商品のため、良い価格・品質の比を与えます。)

2018年6~7月:


ECOSソフトウェアの開発のためのフル機能を備え、計画された国際入札のため、技術文書の作成。(国際入札に入ることは、予定期間の間に最高の製品の受領によって実行されます。それは注文商品のため、良い価格・品質の比を与えます。)

2018年8月

2018年8月:


実施された入札の評価、総合請負企業の選定および契約書の締結。パブリックブロックチェーンの統合およびソフトウェアの開発しているいくつかの世界の大手企業とのコンソーシアムでの作業に関する同意することは可能です。

2018年8月:


実施された入札の評価、総合請負企業の選定および契約書の締結。パブリックブロックチェーンの統合およびソフトウェアの開発しているいくつかの世界の大手企業とのコンソーシアムでの作業に関する同意することは可能です。

2018年8月

2018年8~11月:


設計の始まり、総合請負企業によるプログラムとその後のESOSソフトウェアの開発

2018年8~11月:


設計の始まり、総合請負企業によるプログラムとその後のESOSソフトウェアの開発

2018年12月

2018年12月:


請負企業に開発されたESOSソフトウェアで検査の実施

2018年12月:


請負企業に開発されたESOSソフトウェアで検査の実施

2019年1月

2019年1月:


請負企業(入札に勝った採用企業)の側から3段階逐次検査中に見出されたECOSシステムにおける可能な欠陥および誤動作の除去

2019年1月:


請負企業(入札に勝った採用企業)の側から3段階逐次検査中に見出されたECOSシステムにおける可能な欠陥および誤動作の除去

2019年2月

2019年2~3月:


得られた製品のテスト、製品解放のためのマーケティングキャンペーンの開始、顧客基盤の形成

2019年2~3月:


得られた製品のテスト、製品解放のためのマーケティングキャンペーンの開始、顧客基盤の形成

2019年4月

2019年4月:


最終的な改善、または大衆に解放される前に製品改善の最終的な体系化

2019年4月:


最終的な改善、または大衆に解放される前に製品改善の最終的な体系化

2019年5月

2019年5月:


大量導入、または世界中の製品のプロモーション

2019年5月:


大量導入、または世界中の製品のプロモーション

ECOSトークンで何ができますか?

また、ECOSトークンでお金を稼ぐ方法は

利益

証券取引所に入るとき、より高い価格でECOSトークンの販売から利益を得ます。また、近い将来にESOSソフトウェアの普及および市場価値の増大によっても。(良い例はEthereumです。そのトークンは2014年夏のICO期間中に1セント未満でしたが、2017年9月上旬までに価格はほぼ400ドルに上昇しました。)

ワオ

ECOSトークンを意図した目的に使用してください。そうすると、ソフトウェアと宣言されたサービスに無料でアクセスできます。

絶好の機会

プロジェクトの内部ネットワークサービスに支払うためにも、ECOSトークンを使用できます。トークンは拡張されたシステム機能性、分散ファイルストレージネットワークでのアプリケーションの作成と構成のための追加オプションへのアクセスを開きます。

百分率でのトークンの分布スキーム

ECOSトークンの100%=7700万米ドル(USD)=7億7000万ECOSトークン(しちおくななせんまんECOSトークン)

ECOSの1 トークンの価格は、pre-ICOとICO期間で10セント($ 0.10 USD)となります。

1Pre-ICO = 10%

10% = 770万米ドル(USD) = 7700万ECOSトークン=ECOSトークンの事前販売からの最大推定の販売量

2Main ICO = 50%

50% = 3850万米ドル(USD)= 3億8500万ECOSトークン=ECOSトークンの主な販売からの予定されている販売量

3ボーナス = 25%

Pre-ICO = 4% = 308万米ドル(USD) = 3080万ECOSトークン=トークンを購入するとき、顧客に発生したボーナスおよびプロジェクトのチームに報酬

ICO = 21% = 1617万米ドル(USD) = 1億6170万ECOSトークン=トークンを購入するとき、顧客に発生したボーナスおよびプロジェクトのチームに報酬

4バウンティ = 10%

Pre-ICO = 1,5% = バウンティキャンペーン、またはECOSプロジェクトの普及のための報酬(手数料)

ICO = 8,5% = バウンティキャンペーン、またはECOSプロジェクトの普及のための報酬(手数料)

5特別なサポート = 5%

Pre-ICO = 0,8% = 61万6千米ドル(USD) = 616万ECOSトークン = ECOSプロジェクトのすべての特別なサポートのための報酬(手数料)

ICO = 4,2% = 323万4千米ドル(USD) = 3234万ECOSトークン = ECOSプロジェクトのすべての特別なサポートのための報酬(手数料)

ボーナス賞

PRE-ICO

15.02–18.02.2018

25 % bonuses.

19.02–22.02.2018

20 % のボーナス

23.02–28.02.2018

15 % のボーナス

1.03–7.03.2018

10 % のボーナス

8.03–11.03.2018

5 % のボーナス

12.03–15.03.2018

0 % のボーナス

当社のパートナー

ニュースキャンペーンを購読する